フォローする

選択ブラシ - カスタムブラシで選択範囲を作成することができない

問題:
一般ブラシコントロールパネルでブラシを選択ブラシに変換すると、選択範囲手法が正常に機能しない
 
解決策:
  1. 選択ブラシに変換するペイントブラシを選択します。
  2. Ctrl+B(Windows)またはCommand-B(Mac)を押す、あるいはウィンドウメニュー → ブラシコントロールパネル → 一般 を選択し、一般ブラシコントロールパネルを開きます。
  3. 一般パネルの手法ドロップダウンメニューから「選択範囲」を選択します。サブカテゴリは任意のものを選択します。
  4. ストロークの種類ドロップダウンメニューで別のストロークの種類を選択します。
  5. ストロークの種類ドロップダウンメニューで元の描点タイプに戻します。
  6. ブラシメニュー → バリアントの保存を選択してブラシを保存します。

 

問題:
選択範囲手法のブラシで黒がペイントされる
 
解決策:
以下を実行することにより選択範囲手法が再度機能するようになります。
  • ツールボックスで別のツールを選択してからブラシツールを選択しなおす
  • 別のドキュメントに切り替えて元のドキュメントに戻る
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。