フォローする

Corel Painter IX の新機能

以下の機能それぞれの詳細はこのドキュメントの下方に記載されています。
  • この Welcome 画面は 4 つのセクションからなり、最近使用したファイル、チュートリアル、ブラシとカラーマネジメントの設定などをすばやく開くことができ、Corel Painter マスターアーティストの作品ギャラリーにもなっています。
  • パフォーマンス向上に焦点をおき今までで一番最速バージョンの Painter です。 いくつかのブラシは10倍の速さになりました。
  • 新しく加えられた、ブースと スライダでブラシのパフォーマンスをさらに速くできます。
  • 連番保存を使えばすばやく簡単に作品の過程に連番を付けて順に保存することができます。 シンプルなメニューコマンドやキーボード ショートカットはそれぞれのバージョンに個別に名前を付ける必要を失くします。
  • キー設定ダイアログ内で頻繁に使うコマンドのショートカット キーを作成することができます。
  • ブラシ コントロール パレットからはブラシ設定のすべての項目にすばやくアクセスすることができます。
  • 新規搭載の秒間フレーム数コントロール設定は、動画の再生レートを自由自在にします。
  • キャンバスの回転/反転コマンドはデジタル アート スタジオの柔軟性を拡大します。
  • 改良されたブラシ履歴は起動したときからブラシを記憶し始め、いつでも使えるようにブラシ バリアントをロックすることができます。
  • 新規搭載されたマルチユーザ対応は、すべてのカスタム設定がそれぞれのユーザ ディレクトリに保管されるため複数のユーザが同じコンピュータを使ってそれぞれのスタイルで作業を行うことを可能にします。
  • 全般的に安定性が改善されました。
  • Corel Painter IX は最後に使われたときのカラー セット、用紙テクスチャ、又最後に使用されたカラーを復元して起動されます。
  • 拡張されたカラーセットはお互いに追加しあうことができ、どのカラー セットもミキサーパレットに読み込むことが可能です。
  • [ズーム アウト時はアンチエイリアス表示] オプションはズーム アウトしたときに高画質でイメージを表示可能にします。
  • 作業をしながら背景色を選択することができます。
  • 改良された選択範囲はレイヤーマスクに使用することができます。
  • 複数のレイヤーをクリック & ドラッグで簡単に表示/非表示にすることができます。
  • ブラシクリエータ内のブラシのタイプ (筆先) のアイコンがさらに分かりやすくなりました。
  • Corel Painter は最後にファイルを開いたり、保存したフォルダを記憶します。

主な新機能

Corel Painter IX には新しくツールや機能が追加され、処理能力、作業効率、Painter 以外の業界標準ツールやアプリケーションとの互換性の各面でさらに強力になりました。よりわかりやすいヘルプと一流デジタルアーティストによるチュートリアルを用意しましたので、スムーズに Corel Painter の使いかたを把握していただけます。

パフォーマンスと生産性の向上

Corel Painter IX は何よりもまず、全体的な処理速度とパワー、安定性を高めることを目標に開発されました。Apple、Intel、AMD の各社と密接な連携を取りつつ、アプリケーションのあらゆる部分についてチェックを行い、高速化とパワー、安定性の改善が可能なところはすべて改善し、これまでで最速、最強のバージョンになっています。

処理速度の改善
ブラシの処理速度が最高でこれまでの 10 倍、平均でも 2 倍の速さとなり、これまでで一番最速の Corel Painter のバージョンです。 また、[環境設定 環境設定] から一時ファイルディスクのデフォルト位置を変更することができるようになりました。

新しい Welcome 画面
起動時に表示される Welcome 画面が作業開始時の手間をはぶきます。 この Welcome 画面は 4 つのセクションからなり、最近使用したファイル、チュートリアル、ブラシとカラーマネジメントの設定などをすばやく開くことができ、Corel Painter マスターアーティストの作品ギャラリーにもなっています。

[ブラシコントロール ブラシコントロール] パレット
新しく追加された [ブラシコントロール] パレットからは、ブラシ設定のすべての項目にアクセスできます。 ブラシバリアントの設定変更もその場でのパレットのスライダ調節で可能になり、作業が中断されません。
たとえば、[ブラシコントロール] の [一般] パレットに新しく追加になった [ブースト ブースト] スライダの調節で、必要なときにブラシのスピードを加速できます。 スライダを動かしてスピードの変化を確認してみてください。

秒間フレーム数コントロール
アニメーション作成で Corel Painter の中でフレーム速度のテストができるようになりました。 新規搭載の [秒間フレーム数 秒間フレーム数] コントロールの設定で、1 秒につき 1 フレームから 40 フレームまでの間で設定できます。

キャンバスの回転/反転
イメージ全体を簡単に回転あるいは反転できるようになりました。 構図チェックも一動作で可能です。

ショートカット キーのカスタマイズ
Corel Painter IX では全面的にキー カスタマイズが可能になりました。 ワークフローに適した設定を各自行うことができ、作業の効率化に威力を発揮します。 キー設定のプリントアウト機能もあるので、手元に置けばいつでも確認できます。

マルチユーザーサポート
Corel Painter は Mac と Windows の両方でマルチユーザー対応になりました。 各ユーザーのファイルは、そのユーザーのユーザーファイルフォルダに保存されるので、ネットワーク環境でも各自が別の設定で使うことができます。 また、設定をデフォルトに戻すのも簡単で、再インストールする必要がありません。

[ブラシ履歴] のパワーアップ
[ブラシ履歴] パレットにはキャンバス上で使用したブラシ設定が時系列で保存されます。 言わば 「ブラシ記録簿」 のようなもので、Corel Painter IX のブラシでイメージを作成した過程が残るのです。 いったん終了しても次回の起動時にはまだ履歴が残っているので、そこからブラシを選んだり、気に入ったバリアントはロックして常に表示しておくことができます。

連番保存
「連番保存」 は同じイメージのファイルに連番をつけて順に保存する作業を、メニューからこの項目を選ぶだけで自動的に行う機能です。 最初に 「連番保存」 を実行したときは、ファイル名の末尾に "_001" をつけて保存します。その後、このコマンドを実行するたびに、番号がひとつ増えたファイル名で保存が行われます。

創造性
Corel Painter IX では、ナチュラルメディア (既存の画材) をシミュレートする機能が強化され、さらに強力な新しい「効果」フィルタの追加で、使える手法の幅がさらに広がりました。

アーティストオイル ペインティング システム
アーティストオイル ペインティング システムは、デジタルアートの進化の新しい到達点です。 [ミキサー] パレットでブレンドして合わせた絵具をそのまま書類ウィンドウに運び、ブラシで使うことができます。 ブラシがキャンバスに触れるときに毎回決まった量の絵具が乗せられます。 ブラシがキャンバスに触れるときに毎回決まった量の絵具が乗せられます。 また、すでにキャンバスに乗っている絵具との混じりかたも、本物の画材そっくりになっています。

アーティストオイル ペインティング システムは、次の 4 つの要素で構成されます。

  1. [アーティストオイル] ブラシカテゴリとそのバリアント
  2. 実際の油彩絵具をベースに作成された [アーティストカラーズ] カラーセット
  3. アーティストオイル ブラシと連動する [ミキサー] パレットの機能と [多色スポイトツール]
  4. 絵具の量、粘りけ、混色、ケバ立ち、ケバの固まり、ストロークの尾の消えかた、筆の汚れかたなどをコントロールできる、[アーティストオイル] ブラシコントロール

パスなぞり描き機能
パスやシェイプに沿ってブラシストロークで描画できる機能です。 滑らかなカーブや形を描くのが画期的に楽になります。 ボタンのクリック、あるいは、キーボードショートカットで「パスをなぞる」モードをオン/オフでき、オンになった状態ではブラシの位置がパスに吸着するので、筆圧、傾き、ベアリングなどによる Corel Painter のブラシの表現力を生かしつつ、正確で滑らかなストロークが描画できます。

デジタル水彩
デジタル水彩は Corel Painter IX で大幅に機能アップしました。 いったん保存してプログラムを終了しても「乾燥」が行われないので、次にファイルを開いたときに自然に作業が続けられます。 デジタル水彩ブラシの「水彩境界」もダイナミックなデータになり、ブラシストロークを描いた後でも設定を変えて変化させることができます。

クイッククローン
クイッククローンは写真を絵画に変換させるのに便利な機能です。 写真を絵に変身させるイメージ クローニングの手順が簡単になりました。 クイッククローンの設定は、[環境設定] ダイアログ ボックスの [一般] ページから行います。

KPT® フィルタ
KPTフィルタは定評のある強力なプラグインで、目を見張るような効果が素早く簡単に作成でき、プロのクリエイターにも愛用されています。 KPT フィルタの中から 7 種類が Corel Painter IX に付属しています: KPT® Gel™、KPT® Goo、KPT® LensFlare™、KPT® Lightning™、KPT® Pyramid Paint™、KPT® Reaction™、および KPT® ShapeShifter™Corel Painter 本体が搭載している多数の効果に KPT フィルタが加わることで、さらに使用できる効果の幅が広がります。

互換性
他の業界標準のソフトウェアおよびハードウェアと Corel Painter との連携がさらにスムーズになりました。 カラーマネジメントの強化によりプリンター色のディスプレイ上での再現および印刷時の色がより正確になっています。 Adobe® Photoshop® と Wacom®ペン タブレットへの対応もいっそう進化し、プロフェッショナルな仕事の場でのワークフロー向上が図れます。

Adobe® Photoshop® との互換性の強化
Adobe Photoshop と Corel Painter で移動しながら作業をするのも簡単です。 Adobe Photoshop (PSD) 形式で保存したファイルは、レイヤーマスク、アルファチャンネル、レイヤーセット (レイヤーグループ) を保ったまま Corel PainterIX から開くことができます。
Corel Painter でのレイヤーの操作も Adobe Photoshop とより共通性が上がりました。 新規レイヤーの作成を実行すると、現在のレイヤーのすぐ上に新しいレイヤーが追加されます。 合成モードの種類が違うレイヤーどうしも結合できるようになりました。 また、レイヤーパレット上のクリック+ドラッグの動作で、複数のレイヤーの表示/非表示をまとめて切り替えられます。 さらに、Mac OS X 用の Photoshop プラグインにも対応しました。 さらに、Mac OS X 用の Photoshop プラグインにも対応しました。

Wacom® タブレットとの連携
Corel Painter IX は、Wacom の最新ペン タブレット モデルである Wacom® Intuos®3 を含む、すべての Wacom タブレット製品に対応しています。 Wacom Intuos3 はトラックパッドを装備し、トラックパッドからブラシサイズやズーム倍率その他をコントロールできるよう設定できるので、キーボードをまったく使わずに作業することが可能になります。 また、ファンクションキーは Command、Option、Shift、スペースバー (Mac OS)、あるいは Ctrl、Alt、Shift、スペースバー (Windows) などの修飾キーとしても使えます。

カラー マネジメントの強化
Corel Painter IX ではカラーマネジメントシステムが強化され、印刷時のイメージの再現性がさらに正確になりました。 Corel Painter IX カラーマネジメントは業界標準の ICC 4.0 プロファイルをサポートしており、ディスプレイ上の表示と印刷時のカラーマッチングを提供します。 設定をわかりやすくするため、カラーマネジメントについてのチュートリアルも付属しています。

使いかたの習得
使いやすくなったヘルプファイル、紙面を一新したユーザーガイド、そして一線で活躍するグラフィックのプロによるチュートリアルが揃った Corel Painter IX はこれまでになくスムーズに使い始めることができます。

わかりやすいヘルプ
ユーザーガイドとヘルプシステムが再編成され、情報源として、目前の課題の解決手段として、より使いやすくなりました。 また、同梱されている 「ハンドブック」 には、一線で活躍するグラフィックのプロが段階を追って詳しく解説するチュートリアルが多数収録されています。

他には?

ブラシ
ブラシは Corel Painter の中心に当たります。 クレヨン、チョーク、木炭、アクリル、水彩、アーティストオイル、リキッドインクなど 30 以上のブラシ カテゴリが備えられています。 ほとんどのブラシ カテゴリは、従来のブラシのルックスと感覚を反映させてものですが、他のものは類まれなクリエイティブ ツールになっています。
ブラシ コントロール パレットからはブラシ設定のすべての項目にすばやくアクセスすることができます。 ブラシは明確なカテゴリに分類されていて、それぞれ多数のバリアントが含まれています。

油彩
油彩ブラシは、まさに油彩のようなタッチで描画します。 このカテゴリに含まれるすべてのブラシ バリアントは、重ねると下のストロークが隠れる種類のストロークで、色にばらつきがあるもの、下にある色を拾うものなど、リアルな感触で描けます。

水彩
「水彩ブラシ」のバリアントは、本物の水彩のような挙動と描き味が特徴です。 水彩カテゴリ内のほとんどのブラシ バリアントはキャンバスのテクスチャに反応します。 ほとんどの 「水彩ブラシ」のバリアントは、スタイラスの筆圧でストロークの太さが変化します。 従来の水彩ブラシと同様に、筆圧を強くするとブラシ ストロークの幅を広くし、弱くすると幅の狭いストロークになります。

イメージホース
イメージ ホースの動きはブラシのようですが、絵の具を適用する代わりにイメージを噴き付けます。 独自のイメージをロードしたり、アプリケーションに含まれているライブラリから選択することもできます。

クローン
クローン ブラシを使ってペイントを行う作業は、Corel Painter ブラシを使って行うペイント作業に似ています。 しかしクローン ブラシのバリアントが、カラー パレットからではなく、パターンや他のイメージなどのクローン元からカラー情報を取り込む点が異なります。 一部のクローン ブラシ バリアントは、ソース イメージのストロークをそのまま複製します。 その他のクローン ブラシ バリアントは、不透明度が低く、ソフトな輪郭のストロークでソース イメージを複製するか、または特定の画材効果を出す描点と用紙テクスチャを使用します。

ブラシクリエータ
Corel Painter では多種多様なブラシが用意されています。 さらに、独自のブラシをカスタマイズすることが可能です。 ブラシ クリエーターを使えば、ブラシを作成するための 3 つのフレキシブルなオプションでカスタム ブラシを作成できます。 既存のブラシを自由に変更する、2 つのブラシの特性を混ぜ合わせる、又は一からカスタム ブラシを作成することが可能です。

テクスチャ
実際の世界では、アーティストのブラシや描画ツールを使って異なるテクスチャの表面に描くと、異なる結果となります。 Corel Painter では、キャンバスのテクスチャを調整できるので、任意の表面のナチュラル メディアから期待される結果を得ることができるのです。 ブラシで描くときに、本物の画材のように紙の目の凹凸がストロークにすると変化がもちろん表現されます。

ミキサー パレット
カラー パレットにないカラーは、ミキサー パレットを使って一から作り出すことができます。 この革新的な機能には、ブラシやパレット ナイフなどのツールがあり、これはペイントとカラーを混ぜるために特別に用意されたものです。 アーティスト オイル ブラシを使うと、同じブラシ ストロークの中で、複数のカラーのサンプリングを行ったり使ったりできます。

アニメーション
Corel Painter には素晴らしいアニメーション機能が数多く用意されています。 オニオンスキン機能では、現在のフレームで作業中でも、前や次のフレームを見ることができます。 ロトスコープ機能を使えば、既存のムービーの一つのフレームをペイントしたり変更したりできます。 アニメーション ムービーは、アニメーション GIF、QuickTime® ムービーまたは AVI ムービーとして保存できます。

スクリプト機能
スクリプトを作成すれば、作業を記録したり再生したりできるので、一連のイメージに同じ操作を行う場合に時間を節約できます。 スクリプトはどの解像度でも再生可能なので、低い解像度で記録したスクリプトから、高い解像度の出力を自動的にもう一度作り出すことが可能です。 スクリプトは教材としても最適です。 アーティストがイメージを作成する過程のスクリプトを眺めることは、まるでアーティストの視点に立っているようなものです。

業界基準のファイル形式のサポート
Corel Painter IX では、次のファイルを開いたり、またその形式で保存することが可能です。 Adobe Photoshop (PSD)、TIFF (CMYK および RGB)、Windows ビットマップ (BMP)、PC Paintbrush (PCX)、TARGA® (TGA)、GIF、JPEG、Mac PICT、QuickTime (MOV)、Video for Windows (AVI) ファイル さらに Adobe® Illustrator® (AI) ファイルもインポートおよびエクスポートが可能です。 Encapsulated PostScript® (EPS) 形式でファイルを保存することもできます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。