フォローする

Paint Shop Pro シリーズのミキサー パレットで色を混ぜ合わせて絵を描きたい

Paint Shop Pro シリーズのミキサー パレットでは、実際に絵の具のパレットを使用するように複数の色を混ぜ合わせてキャンバスに描画することができます。 


ミキサーパレットにおいて混ぜ合わせて作った色を、アートメディア ブラシによるペイント、パステル、鉛筆、チョークなどの物理的な色素メディアを使用することで、あざやかで深みのある色を再現するリアルなストロークを表現することができます。

ここではミキサー パレットにおいて色を混ぜ合わせて、油彩ブラシを使用してキャンバスに描画する方法をご紹介いたします。

  1. Paint Shop Pro で [ファイル] メニューより [開く] をクリックします。
    → [開く] ウィンドウが開きます。
  2. 使いたい色が含まれる画像ファイルをクリックして選択します。
  3. [開く] ボタンをクリックします。
  4. [表示] メニューより [パレット] - [ミキサー] をクリックします。
    → ミキサー パレットが開きます。
  5. ミキサー パレットより [ミキサー チューブ] ボタンをクリックします。
  6. パレット内の丸く表示されている領域、ブラシの大きさを確認しながら [サイズ] 設定を調整します。
  7. ツール パレットより色の選択ツールを選択します。
  8. 画像の中で使用したい色をクリックして選択します。
  9. ミキサー パレット内に描画します。 
  10. 同様に元画像から他に使用したい色をクリックして、ミキサー パレット内で描画します。
    ヒント: また、画像から色を選択する方法の他に、マテリアル パレットより [前景のプロパティ] をクリックして色を選択し、ミキサー パレットに描画することもできます。
    注意: マテリアルのプロパティで設定できるのは単色のみとなります。 グラデーション、パターン、またはテクスチャはミキサー パレットにおいて機能しませんのでご注意ください。
  11. 手順5.~6. の操作を繰り返し行い、いくつかの色をパレット内に描画しておきます。
  12. ミキサー パレットより [ミキサー ナイフ] ボタンをクリックし、パレット内の丸く表示されている領域の大きさを確認しながらサイズを設定します。
  13. ミキサー パレット内で色を混ぜます。 ここであまり混ぜすぎると後から使いにくくなってきますので、色の境目を軽く混ぜる程度にしておきます。
  14. 目的の色がパレット内で完成したら [ミキサー ドロッパー] ボタンをクリックします。
  15. ここから、ミキサー パレットで作成した色で使いたい色の部分をスポイトの先端を合わせてクリックして色を選択します。
  16. ツール パレットより油彩ブラシ ツールを選択します。
  17. ツール オプション パレットより画像内の丸い領域を確認しながらブラシのサイズを設定します。
    ミキサー パレットより、パレット内の丸い領域を確認しながら使用したい部分をクリックします。 マテリアル パレットで [前景のプロパティ] で変更が適用され、使いたい色が表示されていることを確認します。
  18. 画像に描画します。 一度のストロークで混ぜ合わせた部分の色が描画されていることが分かります。
  19. 引き続き、ミキサー パレット内の使用したい部分をクリックして、画像内に描画していきます。

上記の手順を繰り返しながら絵を描画していきます。

ミキサー パレットを作成する際に、手順6. の要領でマテリアル パレットにおいて指定した色を使用することもできますが、元画像のから色の選択ツールで選択した色を使用してパレットを作ることで元画像の色を活かしたパレットにすることができます。

また、元画像から抽出した色だけでなく、もっと鮮やかな色が欲しい…というときはマテリアル パレットから色を指定してパレットを作ることができますので、これらを状況に応じて使い分けるとイメージ通りの絵を描くことができるようになります。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください