フォローする

VideoStudio X5 のハードウェア アクセラレーション の必要動作環境 について

VideoStudio X5 のハードウェア アクセラレーション機能

編集作業時、ファイル作成時、動作の最適化は、OSが、Windows 7 とWindows Vista の環境で、ハードウェア アクセラレーションに対応したGPUチップ が搭載されているパソコン の場合にチェックが押せるようになりご利用いただけます。

■VideoStudio X5 のハードウェア アクセラレーション機能制限事項について

ハードウェア アクセラレーション対応のGPUチップの対応は以下のとおりです。

・Intel社HD Graphics(Intel HD Graphics)
・NVIDIA社 CUDA
・AMD社 AMD VISION Technology

いずれも最新ドライバーが必要です。


ハードウェア アクセラレーション 技術に対応したプロセッサー が搭載されていて、なおかつ、
最新のグラフィックドライバー がインストールされている場合に有効することができます。
詳細な情報は、各サードパーティ やパソコン の販売元のサポート情報や製品仕様をご確認ください。

●Intel社 インテル HD グラフィックス の対応について
Windows Vista 以降のバージョンのOSでのみ使用でき、Intel HD Graphics が搭載されたCPUが必要です。
Intel HD Graphics の利用条件を満たした最新のドライバーを必要が必要です。


●NVIDIA社 CUDA の対応について
Windows Vista 以降のバージョンのOSでのみ使用でき
GeForce 8 シリーズ以上もしくはNVIDIA Tesla や NVIDIA Quadro 以上で
CUDA 利用条件を満たした最新のドライバー を必要が必要です。

グラフィックカードは、512MBのVRAMで、CUDA をサポートする製品に限られています。



●AMD社 AMD VISION Technology の対応について
対応OSは、Windows 7 以降のサポートが必要です。
グラフィックカードは、ATI Radeon HD 4800シリーズ以降で、AMD VISION Technology をサポートする製品に限られています。
AMD VISION Technology の利用条件を満たした最新のドライバーを必要が必要です。

AMD VISION テクノロジー
http://www.amd.com/jp/vision/Pages/vision.aspx


■動作の最適化について
上記で紹介した3種のGPUチップのうち、
複数のGPUハードウェアアクセラレーション機能が搭載されているパソコンの場合、
動作の最適化の「ハードウェアアクセラレーションを最適な範囲で適用する」のチェックを設定してください。

搭載されている、GPUチップ を検出し、一番の動作が速いチップを検知し、最適なGPUチップを内部処理で選択します。

ご注意
動作の最適化で、選択されたGPUチップは、プログラムの内部処理となります。どのGPUチップが動作中であるかを確認することはできません。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。