フォローする

VideoStudio の作業用領域について

ビデオ編集用には十分な作業用領域が別途必要です。
DVDディスクやブルーレイディスク作成には、ハードディスクの作業フォルダに映像処理を行う一定のハードディスクの空き領域が必要です。
DVDディスク 9GB、ブルーレイディスクでは50GB の空き領域が必要です。

キャプチャ やディスク 書き込みを行っている最中にハードディスクの空き領域が不足する事態を防ぐためにも、
作業フォルダーに十分な空き領域があることを確認しておく必要があります。
ハードディスクの空き領域の情報は、[スタート]-[コンピューター]を開きます。
[ローカルディスク(C:]を[右クリック 右クリック]し、[プロパティ] から確認できます。

また、作業フォルダ は、環境設定から作業フォルダを、 空き領域の多い他のハードディスクに変更も可能です。
ただし、外付けハードディスク や ネットワーク 上のハードディスク ドライブ は、
データーの転送速度などの影響により作業用フォルダ に 適さないため、必ずパソコン内蔵のハードディスク をご利用ください。

編集や動画の取り込み時の作業フォルダーの場所を変更する場合には

1. [VideoStudio] を起動します。
2. [ファイル] - [環境設定] をクリックします。
3. [全般]タブ - [作業フォルダー] を選択します。

[環境設定]のウインドウ が表示され、[作業用フォルダー]を指定する箇所がありますので、
空き容量のあるハードディスク(D:)などを指定します。

ディスク 作成時の作業フォルダーの場所を変更する場合には

作業フォルダーのスペースが不足しています など ディスク 作成中 にエラーメッセージ が表示され書き込みができない場合以下の設定をご変更ください。

1. [完了]ステップから[ディスク作成]の順にクリックします。
2. ディスク作成の画面が表示されます。
3. 画面左下にある、[設定とオプション]をクリックします。
4. 表示されるメニューから[環境設定]をクリックします。
5. [作業フォルダの選択]にあるフォルダアイコンをクリックします。
6. [フォルダの参照]が表示されますので、空き容量のあるハードディスク(D:)などを指定します。
7. [OK]を終了します。
この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください