フォローする

Corel Digital Studio for TOSHIBAの簡単編集の利用方法について

Corel Digital Studio for TOSHIBA の簡単編集 の利用方法についてご案内いたします。 

■ビデオの簡易編集 

「ライブラリ」に登録されたビデオファイルを簡易編集するには、「ライブラリ」画面にある編集したいビデオクリップをダブルクリックします。 
また各種編集時に縮小イメージをダブルクリックすることでも簡易編集が可能です。 

※ご注意 
「簡易編集」画面で編集した内容は「プロジェクトファイル」として保存され、元のビデオファイルが直接編集されることはありません。 
そのため、編集元のビデオファイルを削除すると簡易編集後のビデオファイルも再生や編集ができなくなりますので、編集元のビデオファイルを削除する際には注意してください。 

▼簡単編集でできること 

[開始点/終了点の設定] 
ビデオファイルを「トリム編集」して必要な映像のみを取り出す際に使用します。 
[ビデオの分割] 
「フィルムストリップ」で設定した場所でビデオファイルを分割します。 
[静止画として保存] 
「フィルムストリップ」で設定した映像を静止画ファイルとして保存します。 
[元に戻す/やり直し] 
編集した内容を1つ前の状態に戻す/戻した編集を再度適用します。 
[ビデオを初期状態に戻す]すべての編集をキャンセルして、元の状態に戻します。 
[ビデオの削除] 編集前に削除を行うと、元のファイルをCorel Digital Studioの「ごみ箱」へ捨てます。 
編集中の場合、編集内容が「ごみ箱」へ捨てられます。 
[タイトルを入力] 
簡易編集されたビデオのファイル名を設定します。 
[その他のツール] 
編集中のビデオに効果を加えたり、「タグ」を設定します。 


■トリム編集 
ビデオファイルの中から必要な映像のみを切り取り、取り出すことを「トリム編集」と呼びます。 
例えば、1つのビデオファイルの中に必要な映像が2カ所ある場合、1つのビデオファイルを元に「トリム編集」を2 回行うことで2カ所の映像を取り出すことができます。 

「開始点/終了点の設定」ボタンをクリックします。 

「フィルムストリップ」に「開始点」と「終了点」が表示されるので、「開始点」と「終了点」を取り出したい映像(もしくは削除したい映像)の最初と最後に設定します。 

「トリム」ウインドウにある「選択した範囲を残す」ボタンをクリックすると「開始点」と「終了点」の間 
の映像が取り出されます。「選択範囲を削除」ボタンをクリックすると「開始点」と「終了点」の間の 
映像が削除され、前後の2つの映像が取り出されます。 

[元に戻す 元に戻す]を押すと、1つ前の編集結果に戻します。 


■その他のツール 
簡易編集では、ビデオのホワイトバランスを調節したり、撮影時の手ぶれを補正することができます。

「その他のツール」にマウスカーソルを移動し、「その他のツール」ウインドウを表示します。 

[ホワイトバランス] 
選択したビデオのホワイトバランスを修正することができます。 

[明るさ] 
選択したビデオの明るさを修正することができます。 

[ノイズ軽減] 
画面にノイズが含まれる場合、ノイズを見えにくくします。 

[手ぶれ補正] 
撮影時の手ぶれが酷い場合、手ぶれ補正を行うことで手ぶれの度合いを軽減できます。 

[新規タグの作成] 
登録済みの「既存タグ」ではなく新しいタグを作成する際に、好きな名前を入力します。 
入力後、「新規タグを追加」ボタンを押すと、「既存タグ」の中に登録されます。 

[既存タグ] 
編集中のビデオファイルにタグを設定します。タグは 
1つのファイルに対して複数設定することができます。 

[詳細] 
対象のビデオファイルの「撮影日」や「ファイルのサイズ」を確認できます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。