フォローする

「マップビューで写真を共有する」機能のスクリプトエラーについて

PaintShop Pro X8 for NEC (NEC製品バンドル版) 向けの記事になります。

「マップビューで写真を共有する」機能を使用する際に、スクリプトエラーが出る場合があります。

マップビューで写真を共有する手順と、
スクリプトエラーが出た際にキャンセルしてマップビューで写真を共有しなおす手順を記載します。

「マップビューで写真を共有する」手順

  1. Corel PaintShop X8を起動します。
  2. 管理タブで"+別のフォルダーを参照"をクリックし、GPS情報付き写真があるフォルダーを追加します。
    GPS情報がついていない写真は、マップビューで写真を共有する機能は使えません。
  3. サムネイルにGPS情報付き写真を選択します。
  4. ツールバーの"ファイル"をクリックし、"マップビューで写真を共有"から"すべての選択された項目"を選んでください。
  5. はじめに:マップビューで写真を共有のチュートリアル画面がでますので、よくお読みになって閉じるをクリックしてください。
  6. "マップビューで写真を共有"のウインドウが現れます。
  7. "次へ"をクリックします。
  8. 処理が終わると"完了しました。"の画面が表示されます。DropboxへアップロードしてFacebookでリンクを共有しない場合は"次へ"をクリックしてください。
  9. "完了しました。"の画面に写真マップの保存先が示されます。 
  10. "完了"をクリックするとマップビューで写真を共有する機能が完了します。作成した写真マップを参照する場合は9の手順の保存先を参照ください。

「マップビューで写真を共有する」手順でスクリプトエラーが出る場合

  1. Corel PaintShop X8を起動します。
  2. 管理タブで"+別のフォルダーを参照"をクリックし、GPS情報付き写真があるフォルダーを追加します。
    GPS情報がついていない写真は、マップビューで写真を共有する機能は使えません。
  3. サムネイルにGPS情報付き写真を選択します。
  4. ツールバーの"ファイル"をクリックし、"マップビューで写真を共有"から"すべての選択された項目"を選んでください。
  5. はじめに:マップビューで写真を共有のチュートリアル画面がでますので、よくお読みになって閉じるをクリックしてください。
  6. "マップビューで写真を共有"のウインドウが現れます。
  7. この画面で右ペインに地図が表示されます。地図をドラッグドロップすると、スクリプトエラーがでる場合があります。その場合は"キャンセル"をクリックし、"プロジェクトをキャンセルしますか?"に"はい"をクリックしてください。
  8. ステップ4からの手順から繰り返してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください