フォローする

Painter 2019 - Top 10 Reasons to Buy

Natural-Media® が作り出す、本物のようなリアリティ
市場で最も幅広い選択肢を誇る Natural-Media ブラシおよびキャンバス テクスチャをご堪能ください。本物のようなチョーク、鉛筆、パステルなどのドライメディアや、厚塗りペイント、アクリル、パレットナイフ、ペン、水彩などのウェットメディアを使用してリアルで美しい作品を創作することができます。

特別なメディアの種類
選択したオブジェクトにスプレーするPainter が所有権を保持するメディアのイメージホースや、はじけ、流れ、光る粒子を使い、現実世界を超えたアートを作成できます。見る者を惹きつける幻想的なパターンペン、選択したテクスチャを押し出す厚塗りテクスチャブラシ、新しいスタンプ技術を含む 36 本の最新ブラシなどで印象的なマークを作成します。

 スマートフォトペイント
Painter® 2019 のパワフルなクローンツールとフォトペイントツールを使って、お気に入りの写真を絵画に変換。写真に直接ブラシを浸して画像をクローンすることも、自動ペインティングパレットを使って選択したブラシとメディアですばやく写真をペイントすることもできます。写真のラインや輪郭がきちんと描かれる強力な SmartStroke™ ブラシ テクノロジーにより、素晴らしいフォトアートを簡単に作成できます。

 ユーザーの要望を反映したインターフェース
鮮明で見やすく、操作も素早くできる環境の中で、作業スペースをシンプルにしましょう。Painter は時と共に進化しており、今は 650 以上のアイコンが一新され、見やすく、シンプルで分かりやすく、効率的になりました。一新されたユーザーインタフェースはダークでより目立たなくなったため、さらに作品作りに専念できるようになりました。

比類なき構成ツール
ミラーペインティングで完璧な対称を描いたり、万華鏡ツールを使って美しい曼荼羅を創作したりすることができます。1 点、2 点、または 3 点の遠近ガイドを使用した完璧な場面や、三分割法を使ったパーフェクトな構成を創出しましょう。黄金分割ツールで最終的な構図がダイナミックかつ刺激的であることを確認すれば、ダヴィンチのような絵画を作成することも可能です。

多彩な塗りつぶしやカラー
エクスプレスペイント機能でインタラクティブにグラデーションを施したり、素晴らしいテクスチャで構成に芸術的なエッセンスを盛り込み、作品に命を吹き込みます。アーティストのミキサー パレットであり、カラーを調和させるのを助けてくれるカラー ホイールを作りましょう。

 すべてそろったキャンバス コントロール
キャンバスを自在に回転し、完璧な角度でペイントを完成させましょう。また、お好みの用紙やフローマップ、テクスチャをいつでもどのようにでも回転させることができます。描画タブレットを使うと、Painter のブラシの傾き、回転、ベアリング、およびブラシの感圧コントロールも可能になります。また、マルチタッチ機能のサポートにより、簡単にキャンバスを移動することができます。

 ワークフローに合わせた直感的な作業スペース
必要なツールに素早くアクセスして、直ぐに操作することができます。ブラシ検索を使用して、最適なブラシを見つけたり、特定のワークフローに必要なツールを備えた作業領域の同梱レイアウトを使用できます。新しいダークになったユーザーインターフェースを使って、さらにアーティスト仲間のコンテンツをインポートしたり、自分のツールをカスタマイズしてパレット引き出しに整理してデスクトップを片付けましょう。

 内蔵の学習リソース
必要なサポートがすべて得られます!Painter アプリケーションを起動すると、Welcome Book の新しいチュートリアルをご利用になれます。アプリ内の [ビジュアル ツールヒント] を開くと、 Painter におけるブラシ コントロールの調整がブラシの選択に与える視覚的な影響を学ぶことができます。ブラシのヒントにアクセスして、特別なメディアタイプとブラシテクノロジーのメカニズムに関する理解を深めることができます。また、プロパティバーはブラシのカスタマイズに役立つ調整方法を中心に紹介します。

 多くの機器との互換性
64 ビットの Mac および PC で作業したファイルのカラーやレイヤーを保持したまま Photoshop と Painter の間を簡単に転送できます。タッチ ラップトップ、Surface Pro、Surface Book などでのマルチタッチ機能の魔法をお楽しみください。Painter は大量にメモリが必要な操作も最速でこなすことができます。さらには、このマルチプラットフォーム ソフトウェアに利用制限はありません — つまり、サブスクリプションは不要なのです。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください