フォローする

Roxio Creator LJ アップデート・プログラム バージョン番号 12.2 (富士通クライアントコンピューティング製コンピュータ バンドル専用)

こちらの FAQ は OEM 向け Roxio Creator LJ の情報になります。

富士通クライアントコンピューティング製コンピュータに付属の Roxio Creator LJ 以外をお使いのお客様はご利用いただけません。

対象製品について:

富士通製コンピュータに付属していた以下のソフトウェアが対象です。

  • Roxio Creator LJ、 バージョン番号 12.2、 ビルド番号 106B16A
  • Roxio Creator LJ、 バージョン番号 12.2、 ビルド番号 106B17A
  • Roxio Creator LJ、 バージョン番号 12.2、 ビルド番号 106B27A
  • Roxio Creator LJ、 バージョン番号 12.2、 ビルド番号 106B29A
  • Roxio Creator LJ、 バージョン番号 12.2、 ビルド番号 106B46A
  • Roxio Creator LJ、 バージョン番号 12.2、 ビルド番号 106B64A

アップデート後のバージョン:

次のバージョンにアップデートされます。

  • Roxio Creator LJ、 バージョン番号 12.2、 ビルド番号 106B66A

変更点:

このアップデート・プログラムを実行することで、以下の点が変更されます。

  • ディスクコピー時にベリファイを有効とするとアプリケーションがクラッシュする問題の修正
  • ヘルプメニューへ[アップデートを確認]メニューを追加
    (※本バージョンより以降の最新版へのアップデートを[アップデートを確認]メニューから行えます。)

アップデート方法:

以下の手順でアップデートしてください。

    1. アップデート対象の Roxio Creator LJ がインストールされていることを確認してください。
    2. 起動しているソフトウェアは全て終了してください。
    3. 次の [ダウンロード] をクリックしてアップデート・プログラムをダウンロードしてローカルディスクへ保存してください。

      ダウンロード 
      (CreatorLJ_Patch_16A_17A_27A_29A_46A_64A_to_66A.exe、約9.6MB)

 

  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行してください。
    ファイル解凍中に 「WinZip Self-Extractor」 というウィンドウが表示されますが、そのまま次のウィンドウが表示されるまでお待ちください。
  2. 画面に表示されるメッセージに従って操作してください。
  3. アップデートが終了したら、必ずコンピュータを再起動してからご利用ください。

 

公開日:2020年8月6日

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください